不用意にアルコールを取るのはやめよう

ダイエット中は、カロリーや運動量、ダイエット効果のある食べ物、控えるべき食べ物など、多くのことに気を遣います。
アルコールも、ダイエット中は摂取するのをやめようという話がよく聞こえてきます。
なぜアルコールは控えるべきなのでしょうか。
ドリンク01
アルコールはダイエットの大敵であるエンプティカロリーと呼ばれ、カロリーだけがあって栄養がない食べ物とされています。
身体に必要な栄養素は全く含まれていないのに、カロリーのせいで脂肪だけが蓄えられるようになってしまうのです。

また、アルコールは食欲を増進させる原因の一つとなります。
シメのラーメンがよく挙げられますね。
アルコールが体内に入ると、アルコールは肝臓で分解されます。この時、血中グルコースという、いわば血糖を消費するのです。
血糖が低くなると、脳に指令が送られて空腹の状態になります。

通常は時間が経つと、その間にしている運動や代謝によって、体内エネルギーや血糖値が減少してお腹がすくのですが、アルコールを摂取するとそれと同じ働きが作用し、空腹でないにもかかわらずお腹が空いたと感じてしまうのです。
結果、食べ過ぎによるカロリー過多となってしまいます。
加えて、アルコールには肥満の原因となる糖質も多く含まれています。

このような理由から、アルコールは太る原因となってしまう可能性が非常に高くなります。
ダイエット中の人は、その効果を高めるためにも不用意にアルコールを摂取することは控えるべきでしょう。